ケルト文化

ケルト文化

 

ドルイドは、

  • 古代のケルトにおいて、学術的な教養ある階級に人たちでした。
  • 僧侶、教師、裁判官などの職業についていました。
  • ドルイドは「樫の木の知恵」を意味するケルトの言葉に由来します。ドルイドについては、記録があまり残っていない為、確かなことは知られていません。
  •  古代韻文詩、自然哲学、天文学、神々の伝承を学び、20年以上もの修行をしました。ドルイドは、魂は不滅で死後他の人へ生まれ変わることを信じていました。wikerman fire
  • ローマの作家によれば、ドルイドは瀕死の病人や戦場で死にかけている者たちをいけにえとして捧げたと言及されています。
  • 小枝で編んだ巨大な人型を生きた人間で満たして、火をつけて燃やしたと伝えられています。犯罪者を処刑する他、無罪であろうとも必要あれば、生贄に選ぶこともありました。

ロス・ルナラー (天体の計測器 ?)

2 lunulas

  • 黄金に輝く、ロス・ルナラーは、アイルランドのダブリンにある国立博物館所蔵。
  • 表面の目盛りのような文様が、天体の運行と正確に一致しているらしいという事で、天体の運行を計測したものと思われます。

ドルイド・カラー (パイ πを表す文様)

  •  ドルイドが儀式の正装時に、首飾りとして使用したドルイド・カラーは、ダブリン(アイルランド)の国立博物館に所蔵されています。
    2 Druid
  • この首飾りを良く調べると、太陽の円盤模様が 両方の縁飾り(円形部分)の上に、それぞれ11個(合計で22)あり、楕円形の弓形の部分には、隆起した7本の線(光を構成する7を表す)が認められます。
  • この、22/7 は、(3.14、、、)パイ、(π)で、円や3次元表示の数学的比率です。
  • ドルイドにとって、3は神聖な数字。 また、テンプル(寺院、神殿)の語源は、円(チンプル)で囲われた場所を意味したと言われています。