blue_glassbarblue_glassbar

blue_glassbarblue_glassbar
english_flag  English Page

パワースポット UK

ここでは、イギリスのパワースポット、有名なストーンヘンジ、アフィントン、グラストンベリーについて紹介します。

<Stonehenge ストーンヘンジ>

夏至の日、ドルイドの儀式が行われる、ストーンヘンジ

  • ロンドンから西に約200キロのイギリス南部、ソールスベリから北西に13キロの平野に忽然と現れる環状列石遺跡。
  • 古代の天文台」、「太陽崇拝の祭祀場」とか「ドルイドの儀式を行う場所」など、様々な説が伝えられていて、いまだに、結論は出ていない。

stonehenge3


  • 天文学者、ホーキンスの観測では、「古代の天文台」。 
    1961年6月ストーンヘンジで観測を行い、夏至の日の朝日がヒールストンから昇り始め、中心部の祭壇石へ向う事を確認した。
  • ボーンマス大学の考古学者の発掘調査による「太陽崇拝の祭祀場」又は「ヒーリングの場所」説。 
  • ストーンヘンジ周辺に埋葬された遺体の多くに外傷や奇形の兆候が見られたことから、癒しを求める人々の巡礼の地だった可能性があると発表した。

<ストーンヘンジの建設>

  • ストーンヘンジの建設は、BC3000年頃からBC1600年頃の間、約15世紀に渡る年月をかけ、大きく3つの段階をへている。
    • 第一段階:新石器時代‐‐円形の堀と土手が建設された。 
      夏至の日の出と一致する北東の土手の入口と南側にも第2の入口がある円形の土地で何らかの集会が催されたと考えられている。
    • 第二段階:BC2900~BC2600 ‐‐円形の内部や外周に木造構造物を建築した形跡が残っている。
    • 第三段階:BC2500~BC1600 - - 巨石構造物の建築が始まり、サークルの中心部に、ブルーストーンで、二重の三日月形が構築される。
  • しかし、これより200~300年後、現在見られるサーセン石のサークル構造物の建築が開始された段階で、ブルーストーンの配置替えがなされたため三日月の形状では現存していない。
  • 更に、この最終段階においては、大きな入口とエイボン川を結ぶアベニュー(大通り)やヒールストーン(現存は1石のみ残っているが元は対になっていた。)が構築され 、大入口には3つの門柱が建てられたが、このうち一石のみが倒れたまま残されており「いけにえの石」と言われている。

ritual_stonehenge

  • ドルイドの神殿説は、間違いであるとされているが、ストーンヘンジがスピリチュアルな場所である事には変わりない。
  • ドルイドのパワーといわれている、「予知能力」とか「磁気的な力」がパワーアップして、病気を癒すためのエネルギーをチャージできるヒーリング・スポットとして信じられている。

<Grastonbury    グラストンベリー>

伝説の地:グラストンベリーは、アーサー王伝説の地、アヴァロン? 
ここへは、キリストもアリマタヤのヨセフと訪れた?

異界へのゲートウェイ  グラストンベリー

  • グラストンベリーは、セント・マイケルズ・レイライン上に位置し、イギリスの数多いパワースポットの中でも、最も多くの人に注目され、パワフルで、スピリチュアルな聖地。

grastonbury_tor.jpg

グラストンベリー

  • グラストンべりー・トアは、グラストンベリー郊外にそびえる、トア(船をひっくり返したような小高い丘)で、異界への入口があると信じられている。
  • トアの頂上には、14世紀に建造されたセント・ミカエル(=マイケル/ミッシェル)の塔があり、塔の周りには、らせん状に道のような段差がある。  

chalis_well.jpg

チャリスの井戸

  • グラストンベリーにある、チャリスの井戸は、アリマタヤのヨセフがキリストの磔刑後、聖杯をここへ運び投げ入れたという伝説もあり、スピリチュアルな場所とされている。 

labyrinth.jpg

シャルトル、ラビリンス

  • ドルイドの巡行や、スーフィズム回転ダンスも、同じコンセプトと思われる。
  • ラビリンスのある教会での祈りの儀式も(回転で恍惚となり)、神とのコンタクトができると言われる。

ミステリー話

  • ストーンヘンジのあるソールスベリー平野、グラストンベリーからセント・マイケルズ・マウントは、M&Mラインといわれ、パワースポットが並んでおり、このラインの延長にあるモン・サン・ミッシェルまでは、UFOが飛来するコースといわれ、目撃報告が多い。
  • グラフトンベリー・トアの頂上のタワー周辺にある立体メイズ(迷路)を、ある儀式に従ってこの道を辿ると、異界へ行く事ができると伝えられている。
  • キリストは、少年期、ヨセフとともにこの地を訪れた事があり、ドルイドの霊的な修行をしたとの説もある。
  • チャリスの井戸の近くでインスピレーションを得たジョンレノンは、「イマジン」を作曲したと言われている。

<Uffington アフィントン 地上絵「白馬」>

イギリス、オックスフォードシャーのアフィントンには、紀元前からの遺跡が点在しています。

アフィントンの「白馬」と周辺

  • 有名な「白馬」の地上絵の周辺にも、伝説に彩られた以下のような場所があります。

uffington_map.jpg

1. ドラゴン・ヒル 
丘の頂上が人工的に平らになっており、周辺の地形と関連して、氷河期時代に儀式を行った場所ではないかと考えられている。
2. 地上絵 「白馬」
3.マンガー & 巨人の階段 
7年毎の地上絵「白馬」の洗浄・清掃終了時のイベントで、マンガーでは、チーズ・ローリングが行われる。
4.アフィントン城跡 


1.ドラゴン・ヒル

   dragon_hill.jpg

  • ドラゴン・ヒルは、白亜地質の円形の丘で「白馬」の西に位置し、その名前は、聖ジョージが竜を倒したという伝説に由来している。 
  • 頂上の白い地点は、殺害されたドラゴンの血が飛び散った跡で、そこには永久に草が生えないと言い伝えられている。

2. 地上絵「白馬」

   white_horse.jpg

  • アフィントンの「白馬」は、英国の地上絵の中では、最も古いとされ、3,000年遡る、青銅器時代後期のものとされる。
  • 白馬の地上絵の全景は空中から見るのが最適で、目的はミステリーとされ、古代の神へのメッセージか、土地の所有を表すものとも言われている。

3.マンガー

   manger.jpg

  • 白馬」に近い傾斜の急な斜面は「マンガー」(=飼い葉桶、馬草桶の意味)と言われ、この場所に続く、特殊な地形の谷はその形から「巨人の階段」という名前が付いている。 
  • 見晴らしのよいマンガーには、月明かりの夜に「白馬」が食事に来るという伝説がある。

4. アフィントン城跡

   uffington_castel.jpg

  • 鉄器時代の砦、アフィントン城は、高さ262mの円形の丘の上にあり、このあたりでは最も高い位置にある。 
  • 土手と溝で囲まれた、約3ヘクタールの場所で、西側のエントランスはオリジナルで保存状態がいい。

<Rolling   ローリング>

チーズローリングの起源:自然現象と宗教的な関連 

  • 現在では、楽しいお祭騒ぎになっているチーズローリングは、元来、スピリチュアルな
    目的があったらしい。
  • ケルト圏(アイルランドやUKのウェールズ、コーンウォール、スコットランド、仏のブルターニュ等)の特定の場所では、特異日に、太陽のローリング現象が見られ、その後、 ローリング現象を象徴する儀式として、火の輪を転がすイベントが始められた。
  • 現在では、黄金色の太陽を表す丸いチーズを丘の上から谷底へ転がすチーズ・ローリングのイベントとなっている。

    rolling

  • 写真(上中)のサン・ローリングは、4/18と8/24に、アイルランドのメイヨー州の聖地、クロー・パトリックの山の斜面を転がる夕日。
  • ケルト圏の特定の場所では、夏至や冬至、春分、秋分の日太陽のローリングが見られる。 関連行事としてファイヤー・ウィール(火の輪)のローリングが行われる所もある。 
  • 火の輪は太陽を象徴、丘の上から谷底へ火の輪が転がり、途中で燃え尽きると不作になり、谷底まで火の輪が着地できると豊作になると信じられた。
  • ケルト暦のSamain(11/1)、Beltaine(5/1)、夏至や冬至の時期に、巨大な火の輪を転がすファイヤー・ローリングも現存する
  • BC.1世紀頃の記録として、シーザが書き記したケルトのいけにえの儀式では、小枝を編んで巨大な人型を作り、その中に動物や人身御供を入れ、燃やして太陽に生贄を捧げたことが言及されている。